バーチャルオープンキャンパス

バーチャルオープンキャンパス

Interactive Media

インタラクティブメディア学科

まだまだ進化する双方向メディアを学び次代を担う人材を目指して

本学科の卒業生が、アートやIT などあらゆる産業界で活躍できるのは、‘‘双方向性を備えた'’インタラクティブメディアを習得しているから。
時代のニーズを捉えた先進的なカリキュラムで、年次が上がるごとに各々の目標とする領域を専門研究し、次代のメディアを担う人材を育成しています。

               

先生と学生

  • 人の心を動かす活動は
    全てインタラクテイプ

    林さんのヒーローは、4年間の学びの集大成。これまでの自分との対話であり、仲間や第三者の反応を求める、大きな意味でインタラクティブな活動です。これからも、学生達が面白いと思ったものを表現できる環境を整えていきたいですね。

    芸術学部 インタラクテイプメディア学科 教授

    大久保 真道

  • 枠にとらわれない
    自由な制作環境で見つけた“ヒーロー”

    専攻していたCG を学ぶうちに興味が広がり、オリジナルヒーローの制作・運営プロジェクト「駆け出しヒーローズ」を立ち上げました。コスチュームデザインやイベントの企画などCG 以外の活動でも、大久保先生に機材提供などでサポートしていただきました。自主性を尊重してくれる恵まれた環境です。

    芸術学部 インタラクテイプメディア学科 4年

    林 あゆみ

4年間の学び

  • 1年次

    サウンド演習

    MIDI 打ち込みによる音楽制作や楽器とのアンサンブルを学びます。シーケンスソフト(DAW) の使い方を習得します。

  • 2年次

    デバイス演習

    ソフトウエアとハードウエアを組み合わせ、自分のアイディアを実現する方法とフィジカルコンピューティングの考え方を学びます。

  • 3年次

    インタラクティブメディア応用演習

    デジタル技術の特性を活かしたコンテン ツ制作能力を備えた人材を育成します。 ゼミでは、担当教員の専門性を連携させ た指導を行います。

  • 4年次

    インタラクティブメディア総合研究

    卒業制作または卒業論文を作成します。 担当教員と研究方針を決め、最終審査会 や卒業制作展示などを目指します。

充実した設備

  • IMファクトリー

    各教員の専門内容に応じたファク トリーを用意しており、授業やゼミで活用しています。

  • サウンドラボ

    作曲や演奏、本格的な録音、オーディオ編集、ミックスができます。 専門的な録音機材とソフトウェアをそろえています。

  • IMプロトタイピングスタジオ

    3D プリンターとレーザーカッターを備えた最先端のものづくりができます。ハイブリッドな造形作品制作や竃子工作を目的とした制作スペースです。