バーチャルオープンキャンパス

バーチャルオープンキャンパス

Game

ゲーム学科

総合芸術としてのゲームを学び、遊びの未来をクリエイトする

工学、数学、美学、文学、さらに心理学や文化人類学と、多様な要素を持つデジタルゲーム。人を夢中にさせるゲームを創造するためには、ゲームを学問として学ばなければなりません。「未来の遊びを創造する」をテーマに、ゲームクリエイターの教員達が世界で通用する人材を送り出しています。

               

先生と学生

  • 最新の機材で勉強できる
    環境時代の波に乗っていく力を 

    土屋さんはモデリングや色の使い方に長けていて、総合力もあります。ゼミ以外の作品も積極的に作っていて、大変な時期もありましたが、逆にいい経験になったと思います。ゲーム作りへの熱意と経験をこれからも大事にしてほしいですね。

    芸術学部 ゲーム学科 准教授

    正木 勉

  • VRの知識が身についた
    チーム制作の経験も大きな糧に

    ゲームのチーム制作を経験できるのが本学の魅力で、トラブルの乗り越え方などが身につきました。正木先生から教えていただいたプロならではの改善のコツを忘れず、ゲームCGデザイナーとして活躍していきたいと思います。

    芸術学部 ゲーム学科 4年

    土屋 望海

4年間の学び

  • 1年次

    ゲーム発想法

    ゲーム作りにはプレイヤー視点からクリ エイター視点への脱皮が不可欠。ゲーム デザインの基礎を学び、意識改革の啓発 を行います。

  • 2年次

    ゲーム制作

    企画・デザイン・プログラムの各分野が集まり、チームとしてゲームを制作。段階ごとに各チームがプレゼンテーションを行 います。

  • 3年次

    ゲーム制作応用

    当演習では学外展示が必須となっています。展示する場所を自分達で探し、1 年をかけて制作した作品の発表を行います。

  • 4年次

    卒業研究

    それぞれの研究室が指向するテーマを踏まえ、各教員の専門領域に準じた作品や研究論文を制作します。

充実した設備

  • ゲームコンピュータールーム

    業界で標準的に使われているゲーム制作ソフトや3DCG ソフトを完備。プロと同様の環境で実践的な制作ができます。

  • モーションキャプチャスタジオ

    人間の動きをコンピュータに取り込む設備です。キャラクターに動きをつけながら、リアルな動作も学習します。

ゲーム学科のブログ